ドクターイエロー 時刻表 

ドクターイエローのぞみ検測下りの
時刻表について

ドクターイエローの時刻表
【2018年9月】
のぞみ検測下り
を作成しました。


ドクターイエロー
のぞみ検測の場合は、

ひかり号やこだま号が
ドクターイエローののぞみ検測に
追い抜いてもらうために

ホームに停車していることが
ありますね。


その、
ひかり号やこだま号は、
ドクターイエローの走行する時間帯では、
臨時列車はいないようです。


また、
山陽区間において、

ドクターイエローと
さくら号やみずほ号が
絡むことはなさそうです。


ですから、
ひかり号やこだま号等の
待避状況は

あまり変わらないと考えて良いと
思います。




⇒ドクターイエローのぞみ検測上り【2018年9月】時刻表はこちら。
⇒ドクターイエローこだま検測下り【2018年9月】時刻表はこちら。
⇒ドクターイエローこだま検測上り【2018年9月】時刻表はこちら。

⇒ドクターイエロー試運転&回送下り時刻表
⇒ドクターイエロー試運転&回送上り時刻表

スポンサーリンク



のぞみ検測下り時刻表
【2018年9月】

のぞみ検測
下り
備考
東京 11:47発
品川 11:53着
11:54発
新横浜 12:05着
12:06発
小田原 12:20頃
通過
上下線とも待避なし
熱海 12:25頃
通過
待避なし
三島 12:29頃
通過
待避なし
新富士 12:36頃
通過
こだま651が待避
静岡 12:43頃
通過
待避なし
掛川 12:54頃
通過
待避なし
浜松 13:01頃
通過
上下線とも待避なし
豊橋 13:09頃
通過
こだま649が待避
三河安城 13:20頃
通過
待避なし
名古屋 13:28着
13:30発
待避なし
岐阜羽島 13:37頃
通過
待避なし
米原 13:46頃
通過
ひかり511が待避
京都 14:05着
14:07発
待避なし
新大阪 14:20着
14:26発
鳥飼車両基地 ここで一旦  基地に
新大阪 15:56着
16:15発
新神戸 16:28着
16:29発
西明石 16:35頃
通過
姫路 16:44頃
通過
ひかり473が待避
相生 16:48頃
通過
岡山 17:03着
17:04発
新倉敷 17:10頃
通過
福山 17:17頃
通過
新尾道 17:22頃
通過
三原 17:25頃
通過
東広島 17:30頃
通過
こだま749が待避
広島 17:41着
17:42発
新岩国 17:52頃
通過
徳山 18:04頃
通過
新山口 18:15頃
通過
厚狭 18:24頃
通過
新下関 18:30頃
通過
小倉 18:35着
18:36発
博多 18:53着

小田原駅と浜松駅は
東京側から見て左カーブになっています。


このような駅の場合は、
上り側から撮影したほうが
面白い写真が撮れるでしょう。


ですから、
この二駅については、
上り線の待避状況についても
確認していきたいと思います。

ちなみに、
米原も駅がカーブしているのですが、

東京側から見ると、
右カーブになっています。


ドクターイエロー 時刻表

この場合は、
下り線のみの待避に
気を付ければ良いと考えます。


スポンサーリンク





⇒ドクターイエローのぞみ検測上り【2018年9月】時刻表はこちら。
⇒ドクターイエローこだま検測下り【2018年9月】時刻表はこちら。
⇒ドクターイエローこだま検測上り【2018年9月】時刻表はこちら。

⇒ドクターイエロー試運転&回送下り時刻表
⇒ドクターイエロー試運転&回送上り時刻表

2020年もドクターイエローの運行継続が決定!!

700系ベースで造られているドクターイエローが
700系新幹線の引退とともに廃止されるのではないかと
ネット上で囁かれていました。


しかし、700系が引退した後も
ドクターイエローの検測を続ける旨を
JR東海が株主総会で明言しましたね!!


ドクターイエローファンとしては
嬉しい限りです。


走行距離から見れば、
まだ十分に余地はありそうですし、


使用年数的にも
これまでのT2編成やT3編成の
ドクターイエローと比較しても
まだまだ若いはずですww!!


ドクターイエローに代わる検測方法も
まだ完璧に確立されたわけではないですしね。


詳しくはこちらでも検証しています。
よろしかったら、ご覧ください。

2018年3月のダイヤ改正と
ドクターイエロー

2018年3月17日(土)に
今年度のダイヤ改正
が行われましたね。



今回のダイヤ改正により、
285km/hで運転される
ダイヤが増えたものの、


早朝と夕方の
1部列車に適用されるにとどまり、


ドクターイエローの走行する
ダイヤには影響はありませんでした。



また、
ドクターイエローは
700系車両がベース
なっているのですが、



2018年度も
臨時ののぞみでは
ドクターイエローと同じ
700系が走行
しています。



ということで、
2018年度もドクターイエローが
走行できる余地は十分にありましたが、


実際に走行するのを確認するまでは
安心ができませんでした。



しかし、2018年度も、
ドクターイエローが
検測を行ってくれました!!



しかも、
のぞみ検測では、
2017年度と同じようなダイヤで
走行しています。



この時刻表は、
個人で予想した上で、
作成したものです。


参考程度に
扱っていただければ
幸いです。



それでは、2018年度も、
ご自身と周りの方の安全には
十分に配慮して、
ドクターイエローを楽しみましょう!!