ドクターイエロー時刻表
こだま検測下り【2019年10月】

今回は、
2019年10月の
こだま検測時刻表です。


スポンサーリンク





ドクターイエローこだま検測下りの時刻表
【2019年10月】

こだま検測
下り
通過列車
東京 11:06頃発
品川 11:13頃着
11:14頃発
新横浜 11:25頃着
11:26頃発
小田原 11:41頃着
11:46頃発
熱海 11:54頃着
11:55頃発
三島 12:02頃着
12:07頃発
新富士 12:16頃着
12:20頃発
静岡 12:31頃着
12:35頃発
掛川 12:48頃着
12:49頃発
浜松 12:59頃着
13:04頃発
豊橋 13:17頃着
13:22頃発
三河安城 13:35頃着
13:39頃発
名古屋 13:49頃着
13:51頃発
岐阜羽島 14:01頃着
14:09頃発
米原 14:22頃着
14:33頃発
京都 14:53頃着
14:55頃発
新大阪 15:10頃着

スポンサーリンク





⇒ドクターイエローのぞみ検測下り時刻表【2019年10月】
⇒ドクターイエローのぞみ検測上り時刻表【2019年10月】
⇒ドクターイエローこだま検測上り時刻表【2019年10月】

⇒ドクターイエロー試運転&回送下り時刻表【2019年度】
⇒ドクターイエロー試運転&回送上り時刻表【2019年度】

ドクターイエローこだま検測とダイヤ改正



2019年3月16日に
ダイヤ改正が行われましたね。


ドクターイエローにおいては、
のぞみ検測の東京-新大阪間では
大きな変更は見受けられませんでしたが、


新大阪-博多間では
下りでは1時間40分程度、
上りでも30分弱程度、
発車時刻が遅くなりました。


こだま検測下りはどうなのか
見てみましょう。


ダイヤ改正によって
通常営業の新幹線のダイヤも
変更している部分があるので、


2018年度と同じように
始発駅を発車したものとして、
どのような時刻表になるのかを検証し、
作成しました。


そして、
実際の走行状況は、
のぞみ検測同様、


西日本区間は
大幅に変更があったようですが、


東海区間では
小さな変更にとどまったようです。


とはいえ、
最大で7分程度
早まった駅があるようです。


のぞみ検測よりもこだま検測の方が
おススメ!?

ドクターイエロー 時刻表

ドクターイエローの
こだま検測は、


通常のこだま号同様、
各駅停車をします。


そのため、
ドクターイエローが待避して、
のぞみ号やひかり号を
先行させる駅があります。


のぞみ号やひかり号などの
通過列車が来るまで


ドクターイエローが駅で
数分程度停車していることが
あるわけです。


長ければ、
5分から7分程度も
停車
しています。


のぞみ検測の場合は、
停車駅以外では高速で
駆け抜けていくので迫力はありますが、


見ていられるのは
ほんの一瞬ですよね?


少し油断をすると、
下を向いているうちに
通過してしまう事も…(汗)。


その点で、
こだま検測は
全ての駅で停車してくれるので、


じっくりドクターイエローを
観察することができます。


これはとても
うれしいことですよね!?


写真を撮る際にも、
きっちり準備して、
落ち着いて撮影できるのでは?

ご注意

このドクターイエローの
こだま検測の時刻表は、


個人で計算の上予測し、
作成したもの
です。


なので、
予測した時刻よりも
大きくずれてしまうことも
十分ありえます。


おおよその目安として
扱ってくださいね。



できれば、
15~30分程度、


時間に余裕を見て
出掛けて下さると安心
です。


では、
自他ともに安全に、


人としてのマナーを
しっかり守って、


気持ちよく
ドクターイエローを
楽しんできてくださいね!!