ドクターイエロー時刻表 2017年2月

新幹線 ドクターイエロー 画像 富士山
ドクターイエロー×雪の富士山

⇒ドクターイエローのぞみ検測下り時刻表
⇒ドクターイエローのぞみ検測上り時刻表
⇒ドクターイエローこだま検測下り時刻表
⇒ドクターイエローこだま検測上り時刻表

スポンサーリンク



ドクターイエローと雪の富士山

ここ数日、
寒い日が続いていますね。


岐阜 関ヶ原 雪
岐阜県関ヶ原の雪景色



北陸・近畿・中国地方では
大雪のようで心配です。



そんな中ではありますが、
東海地方ではこれ以上ない
冬晴れとなっています。



前回は
雪の米原へ行ってきましたが、


今回は
逆方向の富士
行ってまいりました。



おととしの年末に
初めて行ったのですが、
その日は残念ながら
少し雲が多め。


そこで、
次に富士に行くのなら、


冬晴れで、
ドクターイエローの走る日

しようと決めていました。

富士山の見えるスポット―吉原駅近辺

富士山の見えるスポットへは
東海道線吉原駅から
徒歩45分程度…。


ということで、
車で移動することにしました。



この日の降水確率は10%。


前後の日も晴ていて、
若干気温が上がっているので


ガスや雲が出ないか
心配でしたが、


新東名新清水インターチェンジ付近の車窓
新東名新清水インターチェンジ付近の車窓


雲一つない冬晴れでした!!!



そして三島~新富士間
新幹線撮影地へと
車を進めました。



富士山 雪景色 画像
富士山の雪景色を背景に撮影準備


こちらからも綺麗な富士山が。


真っ青な空の元、
白い雪をたたえた
富士山。



本当に美しい…。


お昼を過ぎると
雲が増えたりすることが
多いのですが、


今回は
そんな心配は無用でした。



この撮影地は
新富士駅に近い場所です。


ドクターイエローが
新富士駅を通過する予定時刻は

12時35分頃。


撮影地は新富士駅よりも
やや三島よりに位置するため、


12時30分過ぎに通過するだろうと
予測しました。



実際に
私がこの場所に到着したのは
11時30分頃。


1時間も前の到着だったのですが、


既に10人ほどが
スタンバイしていました。


その後も
付近に次々と人が集まりました。


考えることは皆同じですね(笑)。



さて、
1時間の間に撮影の練習。


N700系新幹線 画像 富士山
N700系新幹線



米原での失敗もあったので入念に。


この1時間の間に
700系によるひかり
現れました。


新幹線 700系 引退
700系ひかり


700系のひかりは、
次回のダイヤ改正で
なくなってしまう
ことが
発表されています。


2017年のダイヤ改正とドクターイエローについてはこちら!!


見られるのもあとわずか。



写真の方は、
すごくアップにすれば
赤いひかり幕が見えるのですが・・・。



これはまた駅で撮ることにして、
本題のドクターイエローです。

ドクターイエロー×雪の富士山2
ドクターイエロー×雪の富士山2

新幹線 ドクターイエロー 画像
ドクターイエロー×雪の富士山3


しっかり富士山と共に
撮影できました!!!



スポンサーリンク





こちらは
失敗したくなかったので、


広角で撮影したものを
トリミングしました(汗)。



この場所の
ドクターイエローの通過時刻は
12時34分。



ドクターイエローの直前を走行する
新富士駅12時34分着の
こだま651号は
12時31分の通過でした。


停車のこだま号で
所要時間3分なので、


通過ののぞみ号の所要時間は
1~2分と考えられます。



ということで、
ドクターイエローの
新富士駅通過時刻
は、


私が時刻表から計算した
12時35分頃ということで
間違いないでしょう。



今回は
名古屋~新大阪間の
大雪の影響で、


東海道新幹線は
遅れが出ていたようですが、


下り新大阪方面は
名古屋発車後から遅延が発生します。



よって、
今回のドクターイエローの
新富士駅通過時点では


遅れが出ていたとしても
数十秒程度であると思われます。


静岡でランチと言えば・・・

さて、
ドクターイエローの撮影の後は
お昼ごはんです♪


静岡と言えば・・・、


さわやかのげんこつハンバーグですね
(個人的見解)


さわやか ハンバーグ おすすめ
さわやかのハンバーグ


おいしくいただきました。


富士山を眺められるスポット―薩埵峠

腹ごしらえが終わったところで、
薩埵(さった)峠へ。


薩埵峠 写真
薩埵峠

薩埵峠 写真
薩埵峠


東名高速や東海道線の上から
富士山を眺められるスポット
です。



こちらもどこかで
一度は見たことのある
富士山の顔ではないでしょうか?



時間の都合上、
今回は断念しましたが、


この場所では、
高速道路の夜景
綺麗に撮影できます。