ドクターイエロー T5

⇒ドクターイエローのぞみ検測下り時刻表【2017年9月】はこちら。
⇒ドクターイエローのぞみ検測上り時刻表【2017年9月】はこちら。
⇒ドクターイエローこだま検測下り時刻表【2017年9月】はこちら。
⇒ドクターイエローこだま検測上り時刻表【2017年9月】はこちら。


スポンサーリンク





ドクターイエローは、
新幹線の安全を守るため、


営業運転をする新幹線と
同様に走行し、


架線やレールの状況、信号設備を
検査
していますね。


そのドクターイエローについて、
『T4』とか『T5』と言われるのを
聞いたことがあると思います。


『T4』とか『T5』って何?と
思われた方も
いらっしゃるのでは?


そこで今回は、
この『T4』、『T5』とは何なのか、


そして、その違いについて
まとめてみました。


『T4』、『T5』とは?

『T4』とか『T5』というのは、
『T4編成』『T5編成』
略したものです。


現在のドクターイエローは、
2編成あります。


1編成は
JR東海の
東京交番検査車両所に所属する
923形0番台。


これを『T4編成』と呼んでいます。


そしてもう1編成は
JR西日本の
博多総合車両所に所属する
923形3000番台。


こちらが『T5編成』です。


所属している会社は
それぞれ異なりますが、


『T5編成』も通常は
東京で待機しており、


管理をしているのは
2編成ともJR東海です。


『T4編成』と『T5編成』に違いはあるの?

『T4編成』も『T5編成』も
700系をベースにしていて、
どちらも7両編成


カラーも共に
『マリーゴールドイエロー』です。


パッと見は同じように見えますね。


けれども、
細かいところで
異なっています。


間違い探しのゲームのようですが、
ひとつひとつ見ていきましょう。


『T4編成』と『T5編成』の違い

◇フロントガラスの向かって左上部分と、
運転席の横のドアの窓部分に
『T4』『T5』の
 表記
があります。


◇各車両の側面中央あたりに書かれている
『JR』の文字が
オレンジ色(JR東海カラー)・・・『T4編成』
青色(JR西日本カラー)・・・『T5編成』です。


◇7号車の屋根に
でっぱり(アンテナ)が
・1つもない・・・『T4編成』
・2つある・・・『T5編成』


◇各台車のドアのあたりに、
ジャッキ用の四角い穴
あいてないもの・・・『T4編成』
あいているもの・・・『T5編成』です。


もし、
停車中のドクターイエローに
会う機会があったら、


このあたりに注目して
観察してみると
楽しいかもしれませんね!!


スポンサーリンク





『T5編成』にはなぜジャッキ用の穴があるの?

『T5編成』には
ジャッキアップ用の穴が
ありましたね?


ご覧になれましたか?


この穴は、
なぜ、『T5編成』のにみ
あるのでしょうか。


その前に、
ドクターイエローの
『T4編成』の所属はJR東海、
『T5編成』の所属はJR西日本
でしたね。


ですから、
本来は台車の形状が
それぞれ異なっているのです。


しかし、
『T5編成』も、
普段は東京交番検査車両所で
待機していて、


JR東海が2編成とも
メンテナンスと運行を
行っています。


メンテナンスの際に、
形状が異なっていては
管理がしにくいので、


『T5編成』も『T4編成』に
仕様を合わせてあります。


ドクターイエローの検査はどこでするの?

=「交番検査」=
床下のカバーを外して、
機器の点検をします。

これは、
東京交番検査車両所
行います。


=「台車検査」=
車輪やモーターを搭載する
台車を点検します。

これは浜松工場
行います。


=「全般検査」=
車両のオーバーホールを行う、
大変大がかりな点検です。

これも浜松工場です。


ジャッキアップ用の穴のある理由

『T5編成』も『T4編成』と同様に、
JR東海が一括してメンテナンスを
していることはわかりました。


そうは言っても、
やはり、
『T5編成』はJR西日本に
所属している車両なので、


博多総合車両所でも
検査が可能なように
ジャッキアップ用の穴が
あけられている
のです。


『T4編成』と『T5編成』が同時に走行できる?

『T4編成』と『T5編成』は
3ヵ月で交代しながら
検測走行をしています。


ドクターイエローには、
特殊な検測機器を
多数搭載しているので、
メンテナンスに時間が掛かります。


片方が走行している間は、
もう片方はメンテナンスが
行われています。


ですから、
『T4編成』と『T5編成』が
同時に検測走行をすることは
ありえません


けれども、
検測以外の『回送』や、
『試運転』で走行することは



めったにないことではありますが、
あり得ないことではないようです。


これが見られたら、
本当にラッキーですね!!